<   2010年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ぼくは風鈴猫?

 

  
f0194533_2035815.jpg

      南部鉄の小さな風鈴を手に持って
      時々 風にふかれて鳴る あの風鈴にように
      きれいに澄んだ音をチリンチリンってならします。

      きりっとした目は男の子
      なんて名前にしようかなあ~

 オーナーやかあさんがお手伝いさせてもらった
 あの あかり とおなじ会社の社長さんの遊びごころ だそうです。

 かあさんのパソコンのよこで
 チリンチリンと涼しげでかわいい音です。
 
[PR]
by wakuka-san | 2010-03-31 20:11
 昨日UPした あかり をお届けに行ってきました。
 雪の大山から 春の気配を感じて・・・・

 思ったより良い作品で・・・ と喜んでくださって
 ほっとしました。

 またチャレンジしてみたいと
 アイディアがでてきます。

 帰りには、新見市にある新見美術館へ寄ってきました。
 
f0194533_1821223.jpg

   新見市を眼下にみる狭い場所に美術館はありました。
   梅でしょうか?小さな花が咲いて周りの空気も
   夕方の田園風景を優しくつつんでいます。
   最近はこんな景色に癒されてしまいます。
 
 
f0194533_18214290.jpg

    美術館正面

 
f0194533_18223788.jpg

    玄関のポスター。
    うん?  私達がいるぞ・・・・・

  
f0194533_1823222.jpg

    美術館を駐車場からみたところです。
    夕日が逆光でとてもステキです。


小さな美術館には作品と呼べるものは少なかったけれど
周りの景色や空気 かおりなどちょっと懐かしいところとなりました。
またなにか好みの企画展などあればでかけたいと思います。
     
[PR]
by wakuka-san | 2010-03-28 18:44
 お客様から頼まれていた あかり です。
 あかりは発光ダイオードで数十色に色が変わるゆらぎのある光です。
 その光にあう台を作っていました。
 
f0194533_21145151.jpg

    バンクーバーのオリンピックを見ていたらどうもスケートリンクのまわりの
    壁が気になって。。。。
    こんなデザインの彫りになってしまいました。
    細かく彫ってあるところは 雪の結晶のつもり
    大変だったわりには。。。。
    北里ねえちゃんのガラスを置いたらちょっとステキの変身!
    この中にあかりがはいります。
 
f0194533_21153266.jpg

    上の竹のボールは京都の職人さんの作品です。
    竹のイメージでほってみました。
 
f0194533_21161585.jpg

    上の彫りをシンプルのしてみました。
    こちらのほうが気にいっています。
 
f0194533_2117482.jpg

    彫りはないのですが こんなあかりもどうかしら?
    中は北里ねえちゃんのガラスです。
 
f0194533_21175169.jpg

    同じものの紙製のボールを作っていれてみました。
    この紙のボールは先日たずねた青谷の和紙工房から
    ヒントを得てつくってみました。
    和紙は発光ダイオードのひかりを優しく反射して
    とてもいい感じです。

 明日お届けに行きます。どのあかりを気にいっていただけるでしょうか?
 楽しみです。
[PR]
by wakuka-san | 2010-03-27 21:24

ばあちゃんの歌

 月に何日かショートステイから家に帰ってくる
 我が家のばあちゃん。

 今月も「家にかえるの? ひさしぶりでうれしいわあ~」と
 ちょっとハイな声で笑顔をみせたばあちゃん。

 我が家の前についたら
 「ここはどこ?  家?  へえ~」って・・・・
 ばあちゃんが帰りたかった家はどこなんだろう??

 生まれた家?  結婚してから住んでいた家?
 子ども達を苦労して育てた京都の家?
 いまではわかりません・・・・・

 お部屋にはいったら、「なつかしの我が家」って
 わかったみたい。

 歩くことが大変なので、移動は大騒ぎです。
 皆の手が必要です。
 ばあちゃんは何度もなんども「すみませんねえ~」って、
 笑顔です。

 食事はペースト食です。
 一生懸命ペーストにして、それでもいろいろ考えて用意します。
 でも ちょっとしか食べません。
 がっかりです。

 食後のお菓子はそのままパックパクです。
 カステラやお饅頭が大好きで2,3個いってしまいます。
 オーナーといっしょ!  
 親子だなあ~

 真夜中、 突然ばあちゃんの声がきこえます。
 なにごとかと耳を澄まします。

 ♪ 「あおげば~  とおとし~ わが~しの~おん~~」 ♪

 オーナーと顔を見合わせて 「あっ 仰げばとおとし だ!」 「えっ!」
 ずっと聞いていると
 はい。しっかり3番分の長さです。(歌詞は全部1番の歌詞ですが>>>)
 もちろん アカペラ!
 長い間一緒に暮らしていましたが、 はじめてばあちゃんの斉唱をききました。

 季節もぴったり
 ドンナ気持ちで歌っているのでしょうか?
 なんを思い出しているのでしょうか?
 うわっついたばあちゃんの声を聞きながら、なかなか眠れない夜でした。

 そのあと車のラジオはいろんなアーティストが
 日替わりで「仰げば尊し」をうたっています。

 ことし卒業したみなさん おめでとうございます。
 いろんな卒業があったのでしょうね。

 かあさんの最後の学校の卒業はもう40年も前になりました。
 
[PR]
by wakuka-san | 2010-03-23 10:28
 凄いお天気の1日でした。
 黄砂と強風と時折の強い雨。
 朝のひかりは無くて、まるで夕方のような1日のはじまり・・・
 ちょっと足踏みしましたが
 山陰地区での2回目の同窓会に参加しました。

 松江の一畑ホテルが会場です。
 お迎えのお花は満開の桜と白いつばき。
 役員さんたちのお心がうれしい始まりです。

 何年ぶりかで校歌を歌いました。
 歌詞もメロディーも覚えていました。
 在学中はアンサンブルで伴奏することが多かったので
 歌った機会は少なかったような気がします。
 それでも歌えるんですね~

 学長さんと本部役員さんも来てくださって、
 たくさんのお話もうかがいました。
 ホテルのお食事もとっても美味しかった。
 いつもの同級会とは違って
 卒業生であることをこんなにも意識したことは
 なかったような気がします。

 本部役員さんから頂いたおみやげは?
 なつかしい バイカルのケーキ!
 授業の合間に走って買いにいったなあ~
 
f0194533_22171537.jpg

 当時は500円のケーキを買えば ちっちゃなパーティーが
 できたのにな<<<<
  
 あっ  何年前のことやの???

 な~~~いしょ!!
[PR]
by wakuka-san | 2010-03-21 22:20

赤ちゃんハイハイ競争

 大山町の赤ちゃんサークルが主催で毎年
 赤ちゃんハイハイ競争が開催されています。
 今年は平日開催のため3歳以下の子ども達が対象となりました。
 75名余の赤ちゃんとおとうさんやお母さん おじいさんにおばあさんと
 福祉センターがにぎやかです。
 
f0194533_2156496.jpg

    ふうせんをめざしてハイハイで競争?
    ちょっと一休憩
    かわいい後姿
    いただきました!!

 我が家にもご近所にも赤ちゃんがいないので
 こんなにたくさんの赤ちゃんに囲まれるのは
 楽しくて 可愛くて・・・・・
 赤ちゃんはみ~んな 天使!!ですねえ~~

 
[PR]
by wakuka-san | 2010-03-15 22:02

100年の時をこえて

 イザベラ・バードさんの100年前の世界旅行を写真展でツイン・トラベル
 してきました。

 京都大学総合博物館で開催されています。
 「ツイン・タイム・トラベル  イザベラ・バードの旅の世界  写真展」
 
 積雪50CMの大山を早朝に発って学生時代の友人と待ち合わせました。
 京都大学。

 なつかしい百万遍のあたりは、そう、大学の入学試験の発表もあったのでしょうか?
 「お部屋おさがしですか?」って不動産屋のバイトらしき学生さんに声をかけられました。
 よほど田舎のおばさんっぽくみえたか?っておかしかったです。

 いつも通って見ていた吉田神社からよこに続く石垣には、
 あ~ これこれ・・・・
 「京大オーケストラ団員 入団募集!!」って大きな立て看板。
 ひときわ大きくて目立ちます。

 今ちょうど読んでいる大好きな指揮者 朝比奈隆さんもここのオーケストラだったな~
 っておもいながら
 博物館に到着。
 
f0194533_11501156.jpg

    かあさんが若いころには無かったような・・・・
    ちょうど日仏会館の前にあります、。
    市民に開放されていて、だれでも気軽にはいって楽しむことが出来ます。

 
f0194533_1152969.jpg


    はい。ご存知時計台です。
    今日はここの国際交流ホールで第2回の講演会がありました。
    金坂氏のバードさんに対するあつい思いがストレートに伝わって
    彼女の100年以上前の旅と金坂氏が歩いたおなじ旅(ツイン・タイム・トラベル)
    がしっかりと繋がりました。 100年の間に変ったもの、変らないもの、
    そこに 人の、社会の歴史があってその繋がりの先に私達がいて
    子ども達へとバトンたちされていく。 興味深い講演であり、ほんとうに
    楽しいお話をうかがうことが出来ました。
    大拍手!!

 はい。 ついついセレブ買い??
 
f0194533_12232227.jpg

 
    講演の前に金坂氏をみつけ、 ちょっとミーハー??
    彼の著作を端から端まで買い占めましたあ~
    この写真のほかに数冊ですが・・・・

    おまけに しっかりおばさんして、
    サインまでいただきました。 
    うれしっ!!

あ~いやいや・・・   失礼しました・・・・

100年以上も昔、小柄で病弱な1人の英国女性が
キリスト教にたいする深い信仰と、自身の大きな興味に支えられた
世界への旅行とのこした紀行文、エッチング、そして写真は
英国の英雄として尊敬され愛されて後世へと引き継がれていくことと
思います。
60歳を過ぎてなお熱いハ~トを持ち続けたバードさんに
たくさんの元気と勇気をもらった1日でした。

久しぶりに会った高校時代の友人と最終新幹線の時間まで
おしゃべりに夢中にもなりました。
楽しい時間をありがとう。
京都はやっぱりかあさんのふるさと。
どこに行っても何をしてもなつかしさがいっぱいです。

日にちのかわるころ大山へかえってきました。
もちろん雪の中でしたが、こころはぽっとあたたかな かあさんでした。

お近くの方は是非どうぞ=京都大学総合博物館2F
3月28日まで(休館日月曜日火曜日)9時30分~16時30分(入館は16時まで)
[PR]
by wakuka-san | 2010-03-13 12:30

吹きガラス初体験

 境港市の北里ガラス工房へ
 姉ちゃんに会いに行きました。
 そこでオーナーが吹きガラスを初体験

 
f0194533_1125694.jpg

    この炉のなかでガラスを熱しながら形をつくります。
    1200度もあるそうです。
 
f0194533_1142252.jpg

    1600度に溶けたガラスの液体状のものを
    この窯から長い金属の棒に巻き取ります。
    いよいよオーナーの体験がはじまります。
 
f0194533_1161933.jpg

    あついあつい!
    溶けたガラスが冷えるまでに作業をします。
f0194533_1173091.jpg

    道具を使ってコップの口をあけます。
    最後は棒からきり外して、1晩ゆっくりと冷まします。

 という訳で作品の完成は後日のUPで・・・・・

北里先生(仲間内では姉ちゃんとよんでいます)の作品をUPします。とっても可愛くて温かみのあるガラスのうつわ達です。 ここ境港市の工房でも販売しています。
 
f0194533_1113550.jpg


吹きガラス体験で熱くなった頬に久しぶりに冷たい風が心地い~い~~~
帰りにはお玄関のところにさいていた ニオイスミレが優しく見送ってくれました。
やっぱり春なのです。
 
f0194533_11161618.jpg

[PR]
by wakuka-san | 2010-03-09 11:18

さくらのケーキ

 気分は春
 さくらのケーキを焼いてみました。
 
f0194533_1412979.jpg

   桜あんを200gも入れました。
   どんなに甘いかと ちょっと心配しましたが
   上品な甘さで和菓子のようなケーキに出来上がりました。

 さくらの葉や花の塩漬けも飾って焼いている間は
 さくらのかおりがキッチンにひろがりました。

 「あんこは別にしてよ」とオーナーは不服げでしたが
 かあさんはにっこり!!
 春のかおりとお味で。。。。。

 幸せなひとときでしたあ~

 はい。
 
[PR]
by wakuka-san | 2010-03-07 14:17

寒蘭

大山町の先輩たちは寒蘭(かんらん)と言う方も多いです。
 これね 
  
f0194533_19113731.jpg

 今は皆さん キャベツっていいますが。。。。
 昔は寒蘭といっていたそうです。
「わくちゃん 寒蘭たべる?」ってたくさんいただきました。
 いつもたくさんお野菜をいただいて 幸せいっぱいです。

 中国から伝わってきた頃は、葉っぱも硬く食用にはむかないと
 思われたそうで、品種改良して「はぼたん」になったとか。。。

 戦後アメリカの進駐軍が食用として品種改良したキャベツを
 持込み 日本人の間でも食べられるようになりました。

 おいしそうでしょ~??
 アメリカ人はキャベツ畑から 赤ちゃんが来るって言うそうだけど
 このキャベツ見ていると 納得できそう・・・・・
 重なった葉っぱの中は 赤ちゃんがおくるみでくるまれているみたい。

 さてどんなお料理にしましょうか?
 
 
 
[PR]
by wakuka-san | 2010-03-05 19:51

ペンションわくわく村からわくわくかあさんの日記です。


by wakuka-san