<   2011年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

アロマとのであい

憧れのアロマ・・・
いつかは自分の生活にも取り入れてみたいとおもっていました。

機会があって
おともだちから米子の 彩sara楽 を教えてもらいました。
今日早速おたずねしました。

お店は優しい良いかおりがして、オーナーさんともお話がはずみました。
レモンのかおりを中心にさわやかな感じに調合してもらいました。
早速お部屋で試しています。
f0194533_16584011.jpg

 時間がたつと共に香りも落ち着いてお部屋になじむかしら・・・
 もう少し甘い香りもいるかな?なんて・・・・

 わくわく村に似合うかおり・・・・
 を見つけたい****
[PR]
by wakuka-san | 2011-09-30 17:05
 8月骨折で入院して、もうすぐ退院という時に
 とてつもなくでっかい動脈瘤が見つかって
 あららrrrr・・・・

 オーナーのぜひとも!の一言で難しい手術をすることになっていました。

 ところが・・・・・
 尿から血液反応がでて、詳しく調べたら子宮からも出血していました。

 婦人科の先生から子宮は打つ手がないと報告をうけ
 血管外科の先生もそれでは手術ができないという判断。

 1日でも長くこの笑顔みていてあげたい!と願っていましたが、
 手術という手段ではなく
 天命をみまもるということで
 ばあちゃんの笑顔、ながく続きますようにと祈るばかりとなりました。

 ねこばあさん(かあさんの母)がなくなってまだ49日法要が終わっていません。
 まだまだばたばたしているところです。
 オーナーばあちゃんの退院許可はでましたが、
 しばらくは病院で車椅子から立ち上がることができるようリハビリをします。

 ショートステイしていたソラリオンに空き部屋ができたら、
 とりあえずはそちらに・・・・

 わくわく村に準備ができたら、オーナーばあちゃん待望の家に帰ることに・・・


 でもほんとうは、ばあちゃんが帰りたい家ってどこか解らないのです・・・
 ペンションに帰ってきても、ここが自分の住んでいた家って解らないのです。
 産まれた家? 長く住んだ京都の家?それとも亡くなったオーナーじいちゃんと一緒にすんだ家?
 ・・・・・

 ばあちゃん!! でもここ ペンションに帰ってこようね。
 みんな待ってるからね~
[PR]
by wakuka-san | 2011-09-28 14:56
9月23日から始まっている米子工藝会展は明日最終日となりました。
 
f0194533_19182220.jpg

                 工藝会展の会場です。

 
f0194533_19192419.jpg

                 オーナー作 2人がけベンチ
                 材 ブラックウオールナット たも
                 塗装 オイルフィニッシュ

 
f0194533_1922640.jpg

                 TOMO作 クラッチバック
                 工藝会会員の目を集めた逸品です。
                 ギターつくりの技術が薄い板をカーブしてバッグになりました。

 
f0194533_19254110.jpg

                 そしてかあさん作 レリーフ「秋野と月」です。
                 大きな会場では存在感は小さかったけれど
                 いつもの木彫ではない作品にちょっとした
                 波が・・・・  そうであってほしい・・・・

ほかにステンドグラス、陶芸、日本刺繍、人形、染め などなど工藝をこよなく愛する人達の作品が並んでいます。 機会があれば是非ごらんください。
                 
[PR]
by wakuka-san | 2011-09-26 19:33
f0194533_21535294.jpg

             狂言の茂山家所蔵の肩衣「秋野と月」文様

白州正子さんの本で見つけたこの肩衣の意匠。
桔梗の花が一面に咲く秋の野原、
どこまでも澄んだ空気、
明るい月の光、

布に染め出したこの肩衣の意匠が木彫で表現できるか?
そんなことへのチャレンジがありました。

ちょっと桔梗の花が大きかったな!
月はイメージにほぼ近く彫れたかも・・・・

オーナーが「いやいや 月と雲だけでよかったんじゃあ~」
などと申す>>>>>

そうかも~??
かあさんに幽玄の世界は無理??


9月23日~27日
於 米子市美術館
米子工芸会に所属する工芸家たちの作品が展示されます。
かあさんの彫刻はさておき、お近くの方は是非どうぞ!!
[PR]
by wakuka-san | 2011-09-21 22:07
米子工芸会展 9月23日から開催です!
さてさて
わくわく村の3人は大忙しです。

オーナーはベンチ。
背の部分の丸い棒も手作りです・・・・
まだお見せできません・・・・・
雨続きで作業が進まないのです・・・・・  大変!!


かあさんは レリーフです。
白州正子さんが「美」とした狂言に使われる肩衣の文様をうつしました。
f0194533_2165316.jpg

秋野と月文様肩衣です。
一面に桔梗が咲く野原に月が映えている姿です。
雲のもやもやしたところをどう表現したらいいか・・・・・
まだ模索中です。
えっ!  間に合うか???


TOMOは木でクラッチバックを試作。
もう出来上がっていますが、これはお楽しみ!!


年に1度の美術館での工芸会展。
がんばらなくっちゃあ~~~
[PR]
by wakuka-san | 2011-09-20 21:17

まめぶ~が・・・・

 8月終わり頃にはacoかあさんと一緒にわくわく村にきて
 おおいにその存在ぶりを発揮した、あのまめぶ~が

 「あるいたよ~」って電話がありました。
 1歳3ヶ月です。

 ハイハイ競争するとみんなが負けてしまいそうな速さでしたから
 歩くのは遅いかも?と思っていましたが、
 当たり前のように歩き始めました。

 はじめて歩いた時の子どもの笑顔って
 忘れられませんよね!!
 ほんとうに嬉しそうな顔をしますもの・・・
 かあさんの胸に向かってね。
 全身が笑顔!!っていう感じです。

 我が家の4人の子ども達が始めて歩いた時・・・・・
 もう日にちまでは覚えていませんが、
 その笑顔はいまでもはっきりと思い浮かべることができます。
 かあさんの大切な宝物です。

 きっとまめぶ~もacoかあさんの胸に・・・・
 動画が送られてきましたが、本当に全身笑顔でした。
 
 これからはまめぶ~をおいかけて
 大忙しというところかしら・・・・♪ ♪ ♪
 acoかあさん! 
 
[PR]
by wakuka-san | 2011-09-15 22:00
義姉に手伝ってもらって、母の遺品の整理もようやく先が見えたなあ~
とほっとしていたら・・・・

オーナーばあちゃんが入院している病院の先生からTEL****
どきっ!!

「手術した足のほうは順調に回復していますが、反対の足のひざうらに動脈瘤がみつかりました。
4cm×10cmくらいです。」

え=っ!!
そんな大きな動脈瘤、大丈夫なんですか??と伺ったら、
今日明日破裂してもおかしくないという返事。

それからオーナー、オーナー姉さん、ケアマネさん、診療所の看護師さんと
いろいろ話し合っても結論はでません。
94歳のばあちゃん、8月5日に骨折の手術をしたばかり、
その時も迷いに迷ったあげく、先生の「ぼくのばあちゃんだったら手術します」の
ひとことで手術がきまりました。

幸い経過もよく、リハビリも順調にすすんでいたところの
これまたリハビリの先生に見つけられた動脈瘤です。

手術するなら急がなくてはなりません。
「お年を考えたら、そのままにして天命をまつという選択枝もあります」という先生の
お話。年齢をかんがえたらリスクが多すぎるらしい。

さて・・・・
母の時はかあさんがキーマンでした。
オーナーばあちゃんもいままではかあさんがキーマンでした。
今回はオーナーがキーマンに。。。。 

オーナーははっきりと手術をお願いしました。
少しでも回復の可能性があるのなら、そこにかけたいと。

なんといってもばあちゃんが大事に育てた息子ですから・・・・
ばあちゃんもきっと納得することでしょう。
キーマンのオーナーを支えながら、またばあちゃんの介護に頑張らなくっちゃ!って
ふたたびはちまきをしめているかあさんです。
整形外科から血管外科へ、
明日移動します。

がんばれ!!
ばあちゃん!!
[PR]
by wakuka-san | 2011-09-13 23:00
 ぞうさんタオルについてUPしたかあさんのブログを
 読んでくださったかたから
 「作り方教えてください!」とリクエストいただきました。
 ありがとうございます。

 早速UPしたいところですが、
 解りやすくUPできるよう準備しますから、しばらくまっていただけますか??
 
 がんばりま~す!!
 
[PR]
by wakuka-san | 2011-09-13 00:04

小さなかわいい物

 が大好きな母でした。
 義姉が東京から来てくれて8月17日に旅立った母の遺品の整理をしています。
 49日も終わってないのに・・・
 
 ちょっと早かったなあ~??

 もうだれも住む人のいなくなった小さな隠居家。
 父は油彩、母は日本画(南画)を描いていましたので、
 なんといっても絵の多さ、
 おしゃれだった母の衣類、
 そしてこんなかわいい小さな物・・・・
 
f0194533_2326643.jpg

     「おひなさまに飾ってね」
     とメッセージが付いていました。
     きっとのいとこのERIが作って母にプレゼントしたのでしょう。
     大事に残してありました。

 遺品には思い出のあるものも多くて、全て処分と決めていても
 なかなかすすみません。
 1つ1つの処分の決心がなかなかつきません。
 義姉が要領よく処分してくれたので、それでも先が見えてきました。
 1人ではきっと何ヶ月もかかったかも?

 残された200号や100号の大きな墨絵や、額にいれた一番油の乗った頃の絵、
 40の手習いでしたから、最初の頃の絵はへたっぴ☆
 でもその頃は絵が完成する度に、かあさんに「どう?」ってみせてくれていたので
 むしろ懐かしさを感じます。
 
 途中まで書かれた自分史もありました。かあさんの知らない母の姿がありました。
 日記もいっぱいありました。
 なぜか新聞の広告で作った大小いろいろの袋が山ほどありました。
 たった2人の生活だったのに、びっくりするほどたくさんの物・・・
 これはかあさん達も考えなくては!
 
 衣類は友人に 東日本応援バザー用品 としておくりました。
 バザーに間に合わないものは、京都の のぞみの園 へバザー用として送りました。
 でもゴミになったものもいっぱい・・・・
 捨てればどんなものもゴミ、 なんとかゴミを少なくと思いましたが、
 あまりにもいろんなものが多くて、時間と手間が必要でした。
 悩ましい・・・・・・・・

 49日法要に集まる親戚に大きな絵や写真、本、少しばかりのアクセサリーなど
 みんなに観てもらって、かたみわけをして、後は処分しましょう。
 そう決めて、すこしこころが落ち着きました。
 
 母が大事にしたこの飾り物(たぶんおじゃみかな?)
 かあさんのところに残しておきましょう。
 しばらくはパソコンのそばに・・・・・

 
 
 
[PR]
by wakuka-san | 2011-09-12 23:58
とにこにこ笑顔のご家族がいらしてくださいました。
f0194533_23142789.jpg

? ? ?
「2年前の今日、夜に来て・・・」
と伺って、すぐに思い出しました。

あ~あ~ あの・・・と。

2年前の夜、ピンポーンと玄関のチャイムが鳴って、若い男性が
「明日、そこの結婚式場で結婚式なんですが、彼女と病院から今着いたんです。
今晩とめてもらえませんか?」と。

急なことでお食事の用意もできず・・・
明日お式と伺えばおことわりもできず・・・
入院していた病院から来たと伺えばなおのこと・・・

「お客様もないので、今夜はカレーなんだけど・・・それでいいかしら?」
と我が家のまんまをお話して、急いでベッドメイキング。
お泊り頂くことになりました。

翌日はお式。
何事もないことを祈りながら、 なにかあったらここへ帰っていらしてね、
とまるで娘のように思いながらお送りしました。

午後元気な笑顔で、「無事おわりました~」と。
良かった!!
安堵したオーナーとかあさんでした。

2人で作ったケーキです。とプレゼントも頂きました。
なんだかとっても暖かな気持ちになったことも思い出しました。

そして今日はステキなパパとママ・・・・
あの時お腹にいたのは、あなただったのね・・・・
かわいい晴ちゃんです。(我が家の孫ハルウと同じ字で、これまた嬉しい!!)


充分なおもてなしも出来なかったのに、お2人がわくわく村を忘れずに
お訪ねくださって、ほんとうに嬉しい日でした。

いつまでも手を振ってくださるお車をお送りしながら
オーナーと笑顔です。
またいらしてくださいね。おまちしていますよ。
[PR]
by wakuka-san | 2011-09-10 23:34

ペンションわくわく村からわくわくかあさんの日記です。


by wakuka-san