<   2012年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

f0194533_23121118.jpg

    今年5月、 「イチゴ摘みにおいで~」と誘ってくださったG夫妻が、
    秋の芋ほりにもおいで~と誘ってくださって
    またまたまめぶ~が体験させてもらうことになりました。

    ほらっ! こんなおおきなおいもが収穫できました。
    大喜び!!

    はたけの土の柔らかさや、温かさ、におい・・・
    いっぱい感じながらはしりまわりました。

    Gおばちゃんからミニトマトを取って食べさせてもらったこと
    夕飯の時にもおもいだして
    「おばちゃんトマト」って何回も・・・・

    Gおじちゃんが植えたばかりのレタスの苗や白菜の苗のまわりを
    走り回るので、ちょっとひやひやしましたが、
    いつの間にかおじちゃんと仲良くなって
    手をつないではたけのまわりを一緒に歩いていました。

    たくさんのお野菜もお土産に頂いて
    またイチゴ摘みにおいでよ~と
    お約束して帰ってきました。

    いつもいつもありがとうございます。
    こころから感謝して・・・
[PR]
by wakuka-san | 2012-09-24 23:24
危篤状態を脱出したオーナーばあちゃん
なんだか忘れていたことも思い出してきたみたい・・・・

天国の入り口まで行ってきたお恵みかしら??

すっかり忘れていたことも、何時間前のことも覚えていたり・・・・
驚き!!
日々回復して皆を驚かせています。
ほんと!!

まめぶ~も笑顔で見つめていましたあ~
acoかあさんにも「acoちゃん??  大きくなって!」とわかった様子。
ばあちゃんの笑顔がなによりです。



そのまめぶ~
2歳3ヶ月になりました。
今日はしゃぼんだまであそびました。
f0194533_10364535.jpg


まめぶ~の笑顔からオーナーばあちゃんもオーナーもそしてかあさんも元気をもらっています。
はい。
[PR]
by wakuka-san | 2012-09-22 10:46
 9月10日夜
 オーナーばあちゃんが救急車で病院へ・・・

 熱もあって、血液中の酸素量が急に減って、主治医の先生にも連絡が
 とれません! いまから病院へいきます!!
 とショーステイをしている施設からの電話。

 かあさんたちも大急ぎで病院へ駆けつけました。
 先生の診断は以外にも
 「あ、酸素の状態がよければ、今日は帰ってもらいますから・・・」
 ほっ****

 ところがレントゲンやCTで検査をしたら
 肺が殆ど真っ白!
 おまけに心臓も肥大、かあさんの目には「どこがなにか・・・わからへん・・・」
 「入院してもらいます」
 の先生の診断に心配するやら、安心するやら・・・

 あくる11日朝、病院に駆けつけたら、状態はどんどん悪くなるばかり・・・
 「遠方に親戚は?」と先生
 「はい。連絡しました」とかあさん

 いまにも天国へ旅立とうとしているばあちゃん
 肌の色もどんどん悪くなっていきます。
 血圧も下がっていきます。。。。

 先生も腕時計をみつめるしぐさ??
 ほんとに
 覚悟しました。
 先生のあの一言を・・・

 そのとき看護師さんがばあちゃんの体位を変え
 「〇〇さ~~ん」と耳元で大きな声でばあちゃんの名前をよびました。

 ばあちゃんの目が開いたのです。
 うわっ!! 目があいた!!

 それからすこしずつ状態が良くなってきて
 うなずくこともできるようになりました。
 今日はジェリー状の食事が口から入るようになりましたあ~
 言葉もすこしづつでてくるようになってきましたあ~

 入院する前から思えば、状態はおちていますが、
 それでも、あの9月11日の緊迫した状態を考えれば夢のようです。

 ばあちゃん 良く帰ってきたね!!
 くしくも9・11 かあさんのこころの中にいつでも生きているあのMARIさんの誕生日!
 きっと天国の入り口で
 「わくわくのばあちゃん、 まだ早いよ。 もうちょっと頑張って生きて~」って
 追い返してくれたんだ・・・

 MARIさん 奇跡をありがとう!!
 ばあちゃん、寿命のある限りオーナーとかあさんの傍にいてね。。。
 あの笑顔 楽しみにして、また明日も病院へ見舞いに行くからね~~

 
 
[PR]
by wakuka-san | 2012-09-19 22:40

あらっ!

 オーナー室の窓を開けようと思ったら
f0194533_13205838.jpg

      ガラス窓の外側の網戸にしがみつくように小鳥が・・・・
      そおっと近づくと、目のまわりに白いわっか
      きれいなお茶のような緑いろの体、
      お腹は黄色がかった白、
      「めじろさんだ!」

f0194533_13243474.jpg

      普通は遠くで人の姿が動くだけでも、飛んでいってしまうのに・・・・
      どうしたんやろう・・・????
      「なんだか眠っているようにもみえるなあ~」
      「網戸の網から足がとれないのか?」
      「まだ あまりとべないのか?怪我?」
      「しんどいのかな?」・・・
      ・
      ・
      ・
f0194533_1329481.jpg

      あっ!
      気が付いたように身震いして、少し動いた!
      良かった~
      動けるんだあ~~

と、ここで

厨房から ピー っとオーブンのなかのケーキが焼けた音!
急いで厨房へ



帰ってきたらめじろさんの姿はもう無かった・・・・・
あ~~ 残念!!
飛び立つところを見ていてやりたかったのに・・・・

それからあとでもケーキのほうはよかったのに・・・・
大切なところを見逃してしまったあ~~~

かあさんにとって、なにが大切か???

見逃したものが多すぎて・・・・・
[PR]
by wakuka-san | 2012-09-10 13:42

「さがしています」

「さがしています」
      アサー・ビナード作
           写真 岡倉禎志
f0194533_1523746.jpg
 
    3.11以降、やはりここへ帰って考えなければ!と・・・・


被爆した「もの」 たちは語っています。 
「さがしています」と・・・・

 理髪店にがざられていた時計はあの光のあと8時15分をさしたまま
 「おはよう!」のあとの「こんにちは!」をさがしています。

 1945年8月6日広島市内で作業をしていたソウチさんの白い手袋は
 いまも彼の右手と左手をさがしています。

 やはり広島の建物を壊す仕事をしていたトシユキさんがはいていた皮のくつは
 おおやけどをして「ただいま・・・」とようやくたどりついたあと「いってきます!」の声を
 さがしています。

アーサー・ビナードさんは、たくさんの被爆したものたち2万1千点の中から
14点を選び出して、その語りを聴いたのです。

もっともっとたくさんの語りが原爆資料館の地下収蔵庫から聞こえる気がします。

耳を傾けて聴かなくっちゃ!
いまこそ!!

広島のりつこかあさんのブログからこの本を知りました。
[PR]
by wakuka-san | 2012-09-09 15:38

定年を前に・・・

屋久島に引っ越してきたのよ!!って
友だちのMかあさんからの電話。

えっ??
あの、屋久杉の??
あの鹿児島のずっと南の??
えっ??

と矢継ぎ早の問いに
笑いながら
「そうやねん びっくりでしょう??」と
しかも介護の必要なご両親様もご一緒! とか!

聞けば海の傍の原っぱに家を建てている最中と・・・・

ご主人様がもうすっかり屋久島を気にいられて、
さっさと退職、さっさと引越しだったそうで・・・

いやあ~~
たいしたたまげたあ~~

1度の人生 悔いなく自分の思ったとおり決心して 実行する!
ほんとに見習いたいね!!
年齢は関係なし!!か・・・・・

なんだか元気をもらった気がします。
ありがとう!!
Mかあさん!!

いつかきっとお訪ねするからね~~~~
(「隣は民宿やねん。 おいしい屋久島料理たべさせてくれるからね~
 ちょこっとおいでよ」って)

さあ~  がんばるぞ~~~
[PR]
by wakuka-san | 2012-09-05 10:59

春日野八千代さん・・・

つい先日、宝塚ファンなら知らない人はいない、男役トップの春日野八千代さんの
訃報がとどきました。 
96才オーナーばあちゃんと同い年・・・生涯現役!! 凄いです。

小学4年生の時、初めて宝塚歌劇を見たころも、名実ともに舞台の中心。
あの美しい姿を思い出します。
祖母、母、かあさんそしてTOKOと、
4代にわたる長い間、その舞姿に魅了された唯一のスターでした。

最近は宝塚90周年の時に舞台にたって日本舞踊を舞う姿を拝見したのが
最後だったような気がします。
100周年を前に本当に残念ですが、
長い間、ありがとうございました。と感謝の意を伝えたいです。
ご冥福をお祈りいたします・・・・・


その少し前、8月26、27日、
ご贔屓=宝塚花組の舞台を
感慨ふかく見ていたかあさんとTOKOです。
f0194533_23302878.jpg

         花組公演「サンテグジュペリ」「conga」のパンフレット

サンテグジュペリ=ご存知☆の王子さまの作者ですが、
彼の生涯と物語☆の王子様を折り重ねての舞台。
とても上手く構成されていて面白かった。 なんといっても壮さんのきつね!よかったなあ~
  ・
  ・
  ・

100周年にはきっと男役トップに!と願っていた 3番手みわっちの突然の退団発表
加えて2番手壮さんの組かえ・・・・
壮さんの花組トップも見たかったし、もちろん、みわっちのトップ(当然あると思っていた)も
こころまちにしていたのに・・・・


楽前日と楽日の2日間、どっぷりと花組に浸かって、
「やっぱり花組がいい!!花組がステキ!! なんたって花組!!」
と実感して、
卒業していくみわっちには大きな拍手とありがとう!!を
壮さんには頑張って!!の声援を送りたいと思います。
東京公演も行くからね~~~(あれっ?)

   ありがとう~~~!!
   そして
   頑張って~~~!!
[PR]
by wakuka-san | 2012-09-02 00:01

ペンションわくわく村からわくわくかあさんの日記です。


by wakuka-san