人気ブログランキング |

白馬へ(11月28日~ NO1)

初冬の白馬へ。
ペンション協会の総会が一番の目的でしたが、
かあさんは前回5年前に残した無言館を訪ねることが
大きな目的でした。

f0194533_14424084.jpg

    上田市をはるかに望む小高い丘に立てられた小さな美術館
    コンクリートの打ちっぱなし。 教会にように十字架の形。
    館内は静かでした。 みなさん絵と作者の説明を食い入るように読んでいます。
    ハンカチで目頭をおさえる方もありました。

    あの戦争で若い命を失った、画学生達の絵や彫刻が展示されています。
    「確かに僕は存在しているのです」自画像の目はかあさんの胸に迫ります。

    1人1人に手を合わせながら語り続けました。
    かあさんが出来る謝罪と感謝と鎮魂の形でした。

    2号館の天井には、希望に満ちた画学生たちのクロッキーやデッサン、
    絵などがアーチ型に展示されていました。
    戦争にはまだ少し時間があったのかも知れません。
    画学生として未来にたくさんの夢や希望があったことや、
    若々しいパワーを感じることができました。
    ほんの少しあたたかな気持ちになりました。

    外は初冬には珍しいあたたかさでした。
    優しい日差しの中 歩いて20分ほどのデッサン館へ。
    ・ 
    ・
    ・

信濃デッサン館です。
夭折した芸術家達の作品が集められています。
ここは訪ねる人が少なくて、残念です。
小さな美術館は、作品の多くが身近に感じられて、かあさんのお気に入りです。
ゆっくりと見ることができました。
館内のコーヒーショップは撒きストーブの準備をしていました。
ここの窓から見える上田市の景色もすばらしさも、
無言館、デッサン館の館長 窪島誠一郎氏 の想いなのでしょう。
f0194533_1555696.jpg



この日は他に長野市の東山魁夷の美術館と善光寺におまいりしました。
f0194533_152021100.jpg

   牛にひかれて善光寺参りの 「善光寺」さんです。
   夕方でしたが、たくさんの善男善女のおまいりで、賑わっていました。


日が暮れるににしたがって気温が下がり
白馬五竜のペンション樹里家へ着く頃は 雪。
5年ぶりに中学生時代の同級生のペンションへ到着。
あたたかな笑顔とお部屋がまっていました。
おいしいご馳走もまっていました。

明日から、ここを基点に安曇野の美術館めぐりをします。

あしたへ続く・・・・
by wakuka-san | 2010-12-05 15:41

ペンションわくわく村からわくわくかあさんの日記です。


by wakuka-san