人気ブログランキング |

オーナーばあちゃん・・・ 奇跡でしょうか?

 9月10日夜
 オーナーばあちゃんが救急車で病院へ・・・

 熱もあって、血液中の酸素量が急に減って、主治医の先生にも連絡が
 とれません! いまから病院へいきます!!
 とショーステイをしている施設からの電話。

 かあさんたちも大急ぎで病院へ駆けつけました。
 先生の診断は以外にも
 「あ、酸素の状態がよければ、今日は帰ってもらいますから・・・」
 ほっ****

 ところがレントゲンやCTで検査をしたら
 肺が殆ど真っ白!
 おまけに心臓も肥大、かあさんの目には「どこがなにか・・・わからへん・・・」
 「入院してもらいます」
 の先生の診断に心配するやら、安心するやら・・・

 あくる11日朝、病院に駆けつけたら、状態はどんどん悪くなるばかり・・・
 「遠方に親戚は?」と先生
 「はい。連絡しました」とかあさん

 いまにも天国へ旅立とうとしているばあちゃん
 肌の色もどんどん悪くなっていきます。
 血圧も下がっていきます。。。。

 先生も腕時計をみつめるしぐさ??
 ほんとに
 覚悟しました。
 先生のあの一言を・・・

 そのとき看護師さんがばあちゃんの体位を変え
 「〇〇さ~~ん」と耳元で大きな声でばあちゃんの名前をよびました。

 ばあちゃんの目が開いたのです。
 うわっ!! 目があいた!!

 それからすこしずつ状態が良くなってきて
 うなずくこともできるようになりました。
 今日はジェリー状の食事が口から入るようになりましたあ~
 言葉もすこしづつでてくるようになってきましたあ~

 入院する前から思えば、状態はおちていますが、
 それでも、あの9月11日の緊迫した状態を考えれば夢のようです。

 ばあちゃん 良く帰ってきたね!!
 くしくも9・11 かあさんのこころの中にいつでも生きているあのMARIさんの誕生日!
 きっと天国の入り口で
 「わくわくのばあちゃん、 まだ早いよ。 もうちょっと頑張って生きて~」って
 追い返してくれたんだ・・・

 MARIさん 奇跡をありがとう!!
 ばあちゃん、寿命のある限りオーナーとかあさんの傍にいてね。。。
 あの笑顔 楽しみにして、また明日も病院へ見舞いに行くからね~~

 
 
by wakuka-san | 2012-09-19 22:40

ペンションわくわく村からわくわくかあさんの日記です。


by wakuka-san
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る